無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第62話

🐯


-控え室-





🐥
あ、あなたちゃんおかえり!!
🐯
あなたさんっ…
〇〇
ただいまですㅎ


控え室に着くと、何故か手を握ってくるみんぎゅ



こんなに寂しがり屋さんだっけ?ㅎ







〇〇
じゃあね、みんぎゅㅎㅎ
みんぎゅ
今度でーと行こうね !!
〇〇
そうだねㅎㅎ



そう言って最後のばいばいをしたと思ったら、







みんぎゅ
あ、ぬな !!
〇〇
…どうしたの?
みんぎゅ
…もう、やってないよね、?
〇〇
何が?…


そう言って腕を撫でてくるみんぎゅ




あ、このことかㅎㅎ









〇〇
大丈夫だよㅎ
ありがとね
みんぎゅ
良かった…ㅎㅎ
じゃあね!!



そう言って控え室に入るなり、





2人から質問責めの嵐が来た