無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第126話

🐯




ひょん達は違う席に座っていてお話できないけど


ここには愛しいあなたがいる





たまに聞こえるじにひょんの窓拭きがうるさいけど←










〇〇
おんに……
ラウン
あー、可愛いすぎㅎㅎ


うわ、ラウンさん羨ましいㅎㅎ




あなたは酔すぎてラウンさんに持たれたり



ラウンさんにぽっぽしようとしたり、ギューしたり、





どうせなら僕にやってくれればいいのに








🐯
あなた、おいで
〇〇
ん、……ふふ
🐯
やば…////
可愛いすぎて死にそう
🐯
もっと好きになる
🐰
ひょんずるい !!僕も



そう言ってあなたの髪を触って



あなたの気をひくぐが、






負けてらんないね、ㅎㅎ










🐯
あなた、僕のこと好き?
〇〇
ん、……(はい)
🐰
ぼ、僕は?!
〇〇
(しゅき……)

ぐて『…//////』



ほんと、酔ってる時に笑いかけられると




僕達意識なくなりそうなんだけど ?!