無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第97話

🐯


てひょんside




あなたがお風呂から上がったと思えば



白のダボッとした長袖のTシャツに短いズボン





日頃からこの格好なのか普通に出てくるし、





僕を男として見てないのか、いつも通り……





何よりえろすぎて目のやり場に困る











🐯
可愛すぎるっ…////



何か勘違いしてそうなあなたにそう言うと




一瞬固まったかと思えば、照れるから







〇〇
そんなことっ……ない、です////



そんな格好で上目遣いで言うとか、誘ってんの?










もうどうにでもなれっ……と思い








本能に任せ、抱きつこうと思ったとき

















ゴンゴンゴン ))





??『あなたっ……開けて !!』









聞き覚えのある声と玄関を叩く音に邪魔された