無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

🐯


・





帰りの飛行機は日頃のご褒美として







少し高級な席に座った








そしてちょうど隣にも女性が座っていた











🐯
となり…しちゅれいします、



ちょっと慣れない日本語で話しかけると





女性は凄く可愛い笑顔で返事をしてくれた








〇〇
あ、はい!ㅎ
〇〇
窓側じゃなくても大丈夫ですか?
🐯
あ、…はい
🐯
ありがとうごじゃいます







やっぱり日本人は優しい













だから僕は日本人が大好きなんだ