無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第101話

🐯




玄関を開けると目の前にはびしょびしょになったじょんぐくさん






後ろからはてひょんさんに抱きつかれて恥ずかしいし







この状況なに……?









🐰
ヒョン、帰りますよ
🐯
……車ないでしょ?
🐰
そ、そうですけどっ



そういった途端、外がピカッと光り


すぐに大きな雷が近くに落ちた









〇〇
か、雷…危ないですね、ㅎㅎ
〇〇
じょんぐくさんも雨止むまでここにいてくださいㅎ
🐰
えっ…?////
〇〇
アイドルが風邪引いちゃったら大変ですよ
〇〇
それにもうびしょびしょだし…ㅎㅎ
お風呂も入ってくださいㅎㅎ




そう言うと、じょんぐくさんは





ありがとうと言ってお邪魔したけど









🐯
(⑉・̆н・̆⑉)むぅ…



ちょっとだけてひょんが不機嫌に見えた