無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第46話

🐯

あなたside






結局ゆんぎさんに最後まで手伝ってもらってしまった…
〇〇
すみません、ありがとうございました!!
🐭
ん、ㅎㅎ
🐭
あまり人信じすぎるなよ
〇〇
…はい!(?)
ちょっとよくわかんないけど、



とりあえず早く終わることができたし感謝だ!!










すると、




ジウン
ちょっとあなたさん
〇〇
あ、はい!!


またジウンさんに呼び出された




ジウン
何ユンギさんに手伝って貰ってるの?
馬鹿なの?
〇〇
…ごめんなさい


やっぱりアイドルに手伝って貰うのはダメだったよね、




ジウン
はぁ、頭悪いの?
〇〇
国語と数学が苦手で…ごめんなさい
ジウン
は、はぁ?!バカにしてる?
〇〇
ごめんなさいッ……



だって学生時代大変過ぎて



勉強どころじゃなかったんだもん…



でも言い訳しちゃダメだよね






ジウン
ちょっと来なさい



そう言ってメイク室の奥まで行った