無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第98話

🐯


ぐくside





🦄
あれ?てひょあ遅いね
🐹
外大雨だ……大丈夫かな?




8時になっても、夜ご飯食べ終わっても帰ってこない




てひょいヒョンに皆が心配してた時、









🐨
大雨だから…あなたの家で休んでるのかな?



なむじゅにひょんがそういった





確かに外は出歩けないほどの大雨で





車を持って行ってないヒョンが帰って来れるはずがない











🐥
GPS確認するね~


あれから3分




🐥
あ、ソウルの…○○の、123番地だって !!
🐭
あなたってソウルの○○ってとこに住んでるよな?
🦄
じゃあてひょあはあなたのとこか~ㅎㅎ



そう言って呑気に話すヒョン達だけど





僕はイライラしてしょうがない







この宿舎からあなたの家まで……約30分




走っていけば20分くらいで着くだろう









🐰
俺、行ってきます




そう言って僕は宿舎を出て、マップに沿って走っていた












🐥
ぐがも本気出したねっ♡♡
🐭
なんでお前が嬉しそうなんだよ
🐥
えへっ…ㅎㅎ




そんなヒョン達の会話なんて聞こえなかった