無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第110話

🐯
あなたside



~朝~





そろそろ起きよう……




そう思って体を起こそうとしても起き上がらない





えっ…金縛り?!









〇〇
たっ…助けてっ……



怖くなって声を出すと




左右からモゾモゾと動く音が









🐯
ん……助ける、?
🐰
……夢でも見たの、?ㅎ



急に声が聞こえたと思って見ると





目を擦りながら私を見るてひょんとぐくさん







あ、……そっか昨日泊まったのかㅎ









〇〇
ごめんなさい…金縛りにあったかと思って、ㅎ
🐯
んんぅ……可愛い、



寝ぼけてるのか、また抱きついて可愛い…だなんて、





ちょっと照れてしまう、ㅎㅎ







🐰
んぅ……僕の



そう言うと今度は反対側からぐくさんに抱きつかれる





え、Armyの皆様申し訳ないです






〇〇
っ……////



それより2人の鼻息が耳に当たってくすぐったい…////