無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第102話

🐯


てひょんside








〇〇
暖かい飲み物用意しとくので
お風呂入っててください !ㅎㅎ
🐰
うん…ㅎㅎ
🐯
じゃあ僕が連れてってあげるね !!
〇〇
ありがとうございます !ㅎㅎ



あなたからじょんぐがの着替えを受け取り、




ぐがのまえを歩いてお風呂まで連れていくと






ぐがが口を開いた










🐰
……ヒョン、ごめんなさい…
🐯
どうしたの?


ぐがの言いたいことは何となくわかっていた





だけど










🐰
僕…あなたさんのこと、好きになっちゃいました、



いざ聞くとなると、



結構ダメージが大きかったㅎㅎ










🐯
……僕もあなたが好きだよ
🐯
だからといって、ぐがが謝ることじゃない



お互い好きな人が同じ同士



少し、ヒョンとして大人になりたかった
🐰
……え、?



・



🐯
ライバルだけど…お互い頑張ろ?ㅎ




そう言うと、ぐがが嬉しそうな顔をしたから、良かったなって、ㅎㅎ