無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第44話

🐯


・




メイク道具の整理も終わって



雑用をこなしていると、






BTSの人が声をかけてきた









🐭
これもあなたさんがやってるの?
〇〇
え?あ、はい!
🐭
あ、…俺の名前わかる?
〇〇
……えっと、、


やばい…

頑張って調べたけど吹っ飛んじまった…





〇〇
すみません…覚えてないです、
🐭
大丈夫だよㅎㅎ
俺、ユンギ覚えてね
〇〇
あぁ!ユンギさん、ラップラインのですよね!!
🐭
まぁ…ㅎ//
🐭
それより、これってあなたさんの仕事じゃないでしょ?
〇〇
メイク道具の整理が終わって
やることもないので!!ㅎ



そう言うとしゃがみこんで



一緒にゴミを拾ってくる



え、BTSの人ってこんなことまでしてくれるの?!




〇〇
だ、大丈夫ですよ!
私1人でやります!!


そう言うと、笑いながら頭ぽんされました……