無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

🐯


メイク道具の片付けが終わった頃




息を切らして皆が戻ってきた





やっぱりあのダンスはきついよね…



プロってすごい……!!




🐯
あなた…どうだった…?

少し息を切らして、


汗だくで聞いてくるてひょんさん



なんか少しだけ可愛いって思ったㅎ








〇〇
めっちゃかっこよかったです!
〇〇
こんなに息が切れるくらい……もう凄すぎます!


そう言うと、少し嬉しそうにしてて、


だけど汗だくだから拭いてあげようと思ったけど、

これはジウンさんの仕事だった…ㅎ







〇〇
じゃあ私ジョングクさんのとこに行きますね!!
🐯
え、?拭いてくれないの、?
〇〇
ジウンさんが専属なので、!!


それと同時にジウンさんも来て、




私はジョングクさんの方へ戻った