第39話

🐨
2,773
2022/11/18 10:25










(なまえ)
あなた
……おっぱは、アイドルじゃん。
ぎゅ
ぎゅ
うん、そうだね
(なまえ)
あなた
元々、事務所の期待もあったじゃん
ぎゅ
ぎゅ
んー、……そうかな、
(なまえ)
あなた
私は、釣り合わないと思うの。
ぎゅ
ぎゅ
……続けて?




















いつも、相手の意見は最後まで聞くところが好き。
一旦、ぜんぶ聞いてから、意見を言うところが好き。




















(なまえ)
あなた
そもそも、アイドルとしての恋愛って
御法度というか、ルールというよりも
マナー違反でしょ?
(なまえ)
あなた
それに、忙しくてなかなか一般人が
合わせづらいスケジュール
(なまえ)
あなた
休みたいけど家に帰るまでは溢れる
ファンやマスコミ
(なまえ)
あなた
おっぱの、これ以上のストレスには、
(なまえ)
あなた
私、立候補してないよ。ㅎ




















いい選択肢だった、と、思いたい。
親友でいることは、最大の逃げ場だった、と。
所属の事務所をそろそろ決めてしまおうと
思っているのに、できないのは
まだそばに居たいのか、さっさと諦めたいのか。
私には抱えきれない矛盾の数々で。




















ぎゅ
ぎゅ
…そうだね、
ぎゅ
ぎゅ
だって、あなたが立候補したんじゃなくて
ぎゅ
ぎゅ
俺が立候補したんだよね、
ぎゅ
ぎゅ
あなたの、彼氏に。
(なまえ)
あなた
…私も、立候補したよ、
もちろんストレスの原因にじゃなくて。




















揺らいでは変わって、
伝えては言い直して
意見は、いつまでも定まらない。




















(なまえ)
あなた
……おっぱの、親友に。




















電話越しで聞こえるのは
マシホの部屋じゃないけど、その近くだろうな。
切なげなラのシャープ。

プリ小説オーディオドラマ