無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

🐶🐾



ガチャッ






テヒョン
テヒョン
あなたー!!おかえり!!
you
ん、
グク
グク
ねぇーねぇー!!
you
何、
グク
グク
今日泊まっていかない!?
you
え、むr
テヒョン
テヒョン
いいねそれ!!
ホソク
ホソク
おーJKー!!
you
は、だから無理だっt
ジミン
ジミン
いいじゃーん!!
ジミン
ジミン
家帰っても誰もいないでしょー?
you
ま、そーだけd
ジミン
ジミン
はい、じゃー決まりー!!




さっきから、最後まで言わせろや






you
明日学校だし
グク
グク
いいの!!




うん、何が?





you
いや、もう帰る
ジミン
ジミン
帰れるもんなら帰ってみなっ
you
は、…あ!!




玄関の方へ行ってドアを開けようとすると











ガチャッ





you
待ってうっざっ



そうなんです








私たちの家は中からでも鍵を賭けられるようになっているんです。











しかも自動なんで、車の鍵みたいな感じで鍵を持ってる人しか開けられないようになっているんです。











いらなくねこの機能((





























ねくすと