無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

🐶🐾


時間はあっという間にすぎるものでもう最後の授業(あれさっき登校したばっかだった気がすr







teacher
これで授業を終わります





.








ソア
ソア
ばいばーい!
シウ
シウ
じゃーなー
you
ん、




.











家到着





家の前まで来ると、引越し業者の人が荷物を運んでいた






すると1人の男の人と目が合った






































その人はとても可愛い顔をしていた











何か話している、小さい声でこっちを見ながら、





すると何人かがこっちに近ずいてきた




you
💭何…?


そんなこと思っていると、





ジミン
ジミン
こんにちは!
you
え…あ、こんにちは
  



話しかけられました(白目



ナム
ナム
今日から隣の部屋に住まわせてもらうものです
you
あ、そうですか
ホソク
ホソク
よろしくね!
you
え……はい…



よろしくねって初対面で… てかテンション高








私あんまテンション高い人好きじゃない…
(ソアとシウは除いて)















you
あ、じゃ私行きますね…
バンタン
バンタン
…え?
you
…え?



なんか、え?って言われた…行っちゃだめだった?





you
だめ…でした?
ホソク
ホソク
あ、いやそんなことないよ!
ホソク
ホソク
ただ少しびっくりしたから
you
……びっくりとは、
ジミン
ジミン
僕達に会って先に行くっていう子初めてだから
you
え?
you
…そうなんですか?
ジミン
ジミン
うん



なんで…?この人たちに会ったら先に行くって言っちゃだめなの?






まぁいいや←



you
あ、それでは、また今度…
ジミン
ジミン
あ、うん!
ホソク
ホソク
ばいばい!




ばいばい…






























ねくすと