無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

🐶🐾
ジミン
ジミン
こんにちは!
you
え…あ、こんにちは


ん、なんかテンションが低い




僕たちのこと知らないのかな、







ナム
ナム
今日から隣の部屋に住まわせてもらうものです
you
あ、そうですか



いつもは関わる女の子全ての子がarmyじゃなきゃいいなと思うのに、今日の子はarmyだったらいいななんて思う……







ホソク
ホソク
よろしくね!
you
え……はい…



そこからしばらく沈黙が続いて…









女の子が


you
あ、じゃ私行きますね…
バンタン
バンタン
…え?
you
…え?



予想外の言葉が聞こえた













僕たちがえ?っと言うと女の子は、




you
だめ…でした?
ジミン
ジミン
💭だめじゃないけどさ、
ホソク
ホソク
あ、いやそんなことないよ!
ホソク
ホソク
ただ少しびっくりしたから
you
……びっくりとは、


本当に僕たちのこと知らないんだな



ジミン
ジミン
僕たちにあって先に行くっていう子初めてだから



知らないならわざわざ教える必要は無いや










名前は伏せとこう





you
え?
you
…そうなんですか?
ジミン
ジミン
うん




.








you
あ、それではまた今度…
ジミン
ジミン
あ、うん!
ホソク
ホソク
ばいばい!




そして女の子は行ってしまった…













もう少しだけ話したいなんて思ったのは気の所為だよね…?





ジミンside end
























ねくすと