無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

🐶🐾



私がソアと、シウと、カトクをしていると


















PiiiiiiiNポーン





誰か来ました





多分郵便だろう




you
💭なんか頼んだっけ?




そんなことを思ってインターホンを見たけど映ってなくて多分玄関前にいる







you
💭えっ怖





.













you
え、





ドアの向こうを覗いてみると、さっきの人達だ…








さっきは7人くらいだったけど、今はふたりだ












ちょっと待ってなんで居んの?











え、無視すんのはだめだよね?開けた方がいいよね?(誰に聞いてるん







you
は、はい




一応開けました





ジミン
ジミン
あ、こんにちは!
you
え、あ、こんにちは…
テヒョン
テヒョン
あのさ、
you
え、はい…



この方は…初めて喋った気がする





テヒョン
テヒョン
せっかくだから自己紹介とか踏まえて僕たちの家来ない!?隣だけどㅋ



あ、この人テンション高い系の人だったわ(白目











てゆうかなんで家行くんだっけ?






自己紹介…?普通そんなことする!?





you
え、あ、の…
ジミン
ジミン
僕たちの家が嫌だったら……えっと、、名前は?
you
あ、あなたです…



あ、あ…あぁぁぁぁーーーーしくったぁぁぁー!









名前教えちゃった…



ジミン
ジミン
あなたちゃん!
you
え、あ、はい
ジミン
ジミン
あなたの家でもいいよ!


いや急に呼び捨てって…








私が黙って呆然としていると、






ジミン
ジミン
やっぱり僕たちの家がいい!?
じゃぁおいで!!!
you
え、ちょまっ


手を引かれました(白目








これってさほぼ誘拐じゃね?((








男の家上がるとか初めてだし(隣だけど)無理なんだけど…?






























ねくすと