無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

6話。
私は登校時間より
少し早めに
 さとみくん を呼び出した。
さとみくん
さとみくん
昨日はごめんな
you
you
あ、その事はもういいの
you
you
ただ...
さとみくん
さとみくん
ただ?
you
you
口で言うの...嫌だからこれ読んで
you
you
じゃあね
さとみくん
さとみくん
え、ちょ
私は“こばしり”でその場を去った
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈さとみくんside┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
なんだこの紙
これがあなたの言ってた手紙か?
カサ
“さとみくんは私の事ほんとに好き?”
さとみくん
さとみくん
なんだよ...
その1文が紙には書かれてあった
さとみくん
さとみくん
ちゃんと...好きだよ...
さとみくん
さとみくん
どうして...
NEXT>>>>