無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

247
2021/11/14

第4話

🍀
部屋へ入るとそこには2つのベッドがあった。







部屋のスペースから考えるとベッド2個は少ないようだ。












nurse
nurse
ここは少人数だから、大体2,3人用のお部屋なんだよ〜。
you
you
へぇ、そうなんですね!思ってたより自由に過ごせそうです(--;)
nurse
nurse
うんうん、気楽に過ごしてね!
nurse
nurse
あ、あと隣にいる男の子と共同部屋なんだけど、嫌だったらいつでもお部屋変えるから言ってね!!



(男子と共同部屋!?まぁご飯食べる、寝る、自由にする、だけだから別にいいかぁ〜しかもカーテンで区切られてるし。)
you
you
わかりました!ありがとうございます。
nurse
nurse
あ、____くん、あなたちゃんに挨拶!







どうやら看護師さんが気を使ってくれているらしい
Sunoo
Sunoo
えっと...こんにちは!キムソヌです!高2です!
とってもハキハキしていて明るい子だった。そしてこの子はさっきナースさんに怒られて拗ねてた子だ。
you
you
こんにちは!あなたっていいます!私も高校2年生です!
nurse
nurse
じゃあ私は仕事があるから戻るね〜!
スタスタと行ってしまった。
















そこで妙な空気が流れた。
だが、その空気を打ち破るかのようにその子が話しかけてきた。


















Sunoo
Sunoo
あなた!あなたちゃん!可愛い名前だね!!





なんと急に呼び捨てで呼んだりちゃん付けで呼んだりでまるで女の子には慣れているようだった。










Sunoo
Sunoo
あなたって呼んでもいいかな??、
you
you
全然大丈夫です!!
Sunoo
Sunoo
ちょっと〜!同い年なんだからタメで話そ!ね?




いやいくら同い年でもまだ会ってから20分程度しか経ってないけど,,,
you
you
うん!そうだねハハ
you
you
んじゃあ私はなんて呼んだらいいかな?
Sunoo
Sunoo
ソヌでもなんでも自由に読んで欲しい!
you
you
うーん、じゃあソヌくんって呼ぶね!
Sunoo
Sunoo
うん!ありがとう!















こうして私の入院生活スタート致しました!