無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

5,045
2018/09/21

第8話

最悪



私は、乃愛ちゃんが言っていた店の前に来た。




あなた

乃愛ちゃん?

乃愛
あなたさぁん!グスッ……
あなた

大丈夫?
そこに、タクシーあるから………




ガシッ


後ろから誰かに捕まれ、薬を嗅がされた。
乃愛
さようならあなたさん
明日の夜迎えに来ますね


GENERATIONSさんの仕事間に合わなくなっちゃうじゃん………



それから、私は気を失った。













広臣
広臣
見失った………
隆二
隆二
電話してみる?
広臣
広臣
あいつの連絡先知らねぇよ
隆二
隆二
そうだった………
広臣
広臣
明日GENEの仕事があるだろ?
その時あなたがいなかったら、あのぶりッ子に問い詰めるぞ
隆二
隆二
そうしよっか









―翌日―






頭いてぇ…………
薬って嫌いなんだよな


今、AM8:30

GENERATIONSさんの仕事まで3時間…………




プルルルルプルルルルプルル………


あなた

はい

杉村
お嬢様⁉
どちらにおいでですか⁉
あなた

あぁ……杉村
私の携帯から居場所特定して迎えに来てくんない?
薬嗅がされて、どっかに閉じ込められた

杉村
わ……分かりました!
1時間以内にお迎えに上がります!
あなた

ありがとう






恐い…………
体の震えが止まんないよ……




私は、小さい頃同じような誘拐・監禁事件にあった。



当時は、警察が何千人も出て捜索され、それでも見つかるのに1週間はかかった。



犯人は金目当てで私を誘拐して、両親を脅迫していた。



あなた

最悪………












―40分後―




ガチャガチャ



バンッ


杉村
お嬢様!
あなた

ホッ………杉村……

ごめん、一旦家帰って、着替えたらLDH行くから

杉村
承知致しました
………大丈夫ですか?
あなた

大丈夫……










~LDH事務所・楽屋~



ガチャ
あなた

おはよう

乃愛
え………
全員
おはよー!
あなた

乃愛ちゃんこっち来て

乃愛
はい……




私達は、部屋を出た。









あなた

何であんなことしたの?

乃愛
それはぁ……
あんたがうざったいからよ



パンッ


あなた

ふざけんじゃねぇよ!
は?
うざったい?あんたの方がうざいわ!
ぶりッ子で?自分が一番だと勘違いして?
こっちが、どんな思いであの中に閉じ込められてたと思う⁉

乃愛
じゃあ、辞めてよ
GENEと三代目から出てってよ
あなた

お前が出てけよ
歌もできない、ダンスもできない
そんなやつがいても邪魔なだけなんだよ!

乃愛
それでも、HIROさんは私を選んだ!
あなた

じゃあ、HIROさんにあんたを選んだ理由聞いてこい

乃愛
いやよ
もうすぐで、仕事だもの
あなた

もう、いい
話にならない……

そう言うと、乃愛が楽屋へ向かって行った。





あなた

ハァ………

広臣
広臣
あなた
あなた

臣?

隆二
隆二
何があったの
あなた

ごめん
後でちゃんと説明する
もう、仕事の時間だから
じゃ、あとで

広臣
広臣
気を付けろよ
あなた

うん














次話へ続く_______。