無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第63話

EP.57
Beomgyu
Beomgyu
ヌナ。
僕がどれだけヌナを見てきたと思ってるんですか?
YOU
YOU
え??
Beomgyu
Beomgyu
今日体調良くないでしょ。
それも史上最高ぐらいに。
YOU
YOU
それは…まぁ…。
Beomgyu
Beomgyu
帰りましょうよ。ね?
YOU
YOU
でも帰ってものんびりできるわけじゃないし。
Beomgyu
Beomgyu
そうかもしれないけど…。
YOU
YOU
じゃあさ、最後一回だけやらせて?
そしたら帰るから。
Beomgyu
Beomgyu
絶対ですよ?
YOU
YOU
約束する。


曲をかけて踊り始める。



いつも1人でやってたから見てくれる人がいるのが嬉しくて




1人の時より頑張った。




曲が終わるとボムギュが拍手をしてくる。
Beomgyu
Beomgyu
やっぱりあなたヌナは凄いや、。
そんなボムギュの声が聞こえてくる。




帰る準備しなきゃ。




そう思ったら突然目の前が暗くなってきて



私の動きが止まる。
Beomgyu
Beomgyu
ヌナ?大丈夫ですか?
YOU
YOU
ギュ…私やっぱり帰れないかも…
Beomgyu
Beomgyu
へ!?
あ、ヌナっ!!
バタッ



倒れたのに全然痛くなくて
Beomgyu
Beomgyu
ヌナ?あなたヌナ!!
遠くの方でギュの声が聞こえたけど




目を開けることも




返事をする事も出来ず




もうそこからは記憶が無くなった。