無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第62話

EP.56
あの日からメンバー達の態度は明らかに変わった。




私とは本当に何も話さなくなった。




それをやっぱり悲しいと思ってしまう自分もいたけど




でも私以外の7人は




またわいわい仲良さそうにしている事が増えたから




それでいいんだ…。








着替えをしようと服を脱ぐと





痩せ細った体にあのネックレスが輝いている。





これだけは…どうしても外せなかった。




YOU
YOU
よしっ
ステージは完璧にしたい。



でもみんなと同じ練習量じゃ



今の私の体では完璧には出来ない。




だから時間が許す限り練習するを事にした。




今までも忙しくても沢山練習はしてきたけど




それ以上にやろうと決めた。




デビュー前の練習生みたいに。















練習室に着くと私はすぐに曲をかけて踊り始めた。




振りは完璧に頭に入っている。




なのに、体が全然思うように動かない。





何時間も踊って歌って




薬の時間だけは忘れないようにして




毎日毎日、練習室に通い詰めた。




どれだけ体調が悪くても。
YOU
YOU
はぁぁあ疲れた…
コンコンコン🚪
YOU
YOU
どうぞー
ガチャ🚪


「こんにちは〜」
YOU
YOU
あれっ、ギュじゃん!
Beomgyu
Beomgyu
お疲れ様です笑
YOU
YOU
どうしたの?
Beomgyu
Beomgyu
ヌナの歌が聞こえてきたから来ちゃいました笑
YOU
YOU
そういうことかぁ。
なんか久しぶりじゃない?
Beomgyu
Beomgyu
本当ですよ!
ヌナ練習練習って全然会ってくれないから…
YOU
YOU
ごめんってㅋㅋㅋ
可愛いなぁもう…
Beomgyu
Beomgyu
もうすぐ…カムバですもんね…。
YOU
YOU
うん!だから完璧なステージにしたいの。
Beomgyu
Beomgyu
頑張ってください!
でも無理はダメですよ?
YOU
YOU
でもある程度は無理しないと…
Beomgyu
Beomgyu
今日は…もう練習終わりにしましょうよ。
YOU
YOU
え?何で?
Beomgyu
Beomgyu
ともかく終わりにしましょう。
YOU
YOU
ダメだよ…今日は夜までやるって決めたんだから。
Beomgyu
Beomgyu
ヌナ!ダメなものはダメです!
YOU
YOU
なんでギュに練習止められなきゃいけないのよ!