無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第61話

EP.55(Side Hoseok )
夜の1時過ぎ




そろそろ寝ようかと思っていた頃



SUGA
SUGA
ホソガ、ちょっと来てくれ。
J-HOPE
J-HOPE
??
はい、分かりました。
突然ユンギヒョンに呼ばれた。



ついていくとそこにはあなた以外のメンバーがいて



ユンギヒョンが撮った写真を見せられた。
JIN
JIN
ボムギュと…あなた?
SUGA
SUGA
今2人で外にいる。
V
V
ヒョンまさか隠し撮りしたんですか…?
J-HOPE
J-HOPE
うーん…どうするべきなのかな、。
RM
RM
まぁ、夜中とはいえいつ撮られてもおかしくないし…。
JUNGKOOK
JUNGKOOK
やっぱりあなたさんは意識が足りないと思います。
この前も熱愛出たばっかなのに。
BTS
BTS
………。
ジョングギの言葉で宿舎が静まり返る。




たしかにその通りなんだ。



最近のあなたは芸能人としての意識が足りてない。



グループの雰囲気も悪い。



JUNGKOOK
JUNGKOOK
ヒョン達SNS見ましたか?
JIMIN
JIMIN
SNS?
JUNGKOOK
JUNGKOOK
最近の僕たちを見た一部のarmyが気付き始めてるんです。
何かおかしいって。
JIN
JIN
それは僕も見たよ。
雰囲気が変わったとか、楽しくなさそうとか。


たしかに最近のステージは



僕たち自身あまり楽しめてなかった。



練習で出来ない物は本番もできないってよく言うけど



本当にその通りで、普段仲良くしてないと



テレビでも仲良さそうには出来なくなった。
JUNGKOOK
JUNGKOOK
僕はしっかりあなたさんに伝えたほうがいいと思います。












ジョングガがあなたをリビングに連れてくる。




やっぱりあなたの態度は冷たくて



僕たちが何を言っても無駄だった。



少しでも仲を修復したいのに



逆にまたあなたを怒らせてしまった。
YOU
YOU
私はあなた達のことが嫌いなの。
何度言われても慣れないその言葉が




胸に刺さってくる。
SUGA
SUGA
お前…変わったよな、。
ユンギヒョンの悲しそうな



辛そうな声がリビングに響く。



その言葉に少し反応したように見えたあなたが




数ヶ月前よりも少し




いや、




はるかに痩せて見えたのは



気のせいだろうか?




次の日から僕たちの関係は



さらに悪化してしまった。



カメラの無いところでは目も遭わさず



口も聞かない。



ジニヒョンがあなたにご飯を食べるか聞くことも



ナムジュナがその日のスケジュールを伝えることも



あなたとの会話が全てなくなってしまった。




J-HOPE
J-HOPE
本当にこれでいいの?

1人自室でそう呟く。



皆んな気付いてるはずなんだ。



あなたの変化に。何か引っかかる事に。



それに…僕は知ってるよ?



あなたの首にお揃いのネックレスがまだついてる事。



僕を含めた他のメンバーの首にも




君がくれたネックレスが付いてること。




きっとまだ皆んな昔の関係に戻れるかもしれないと




戻りたいと思っているから。




そんな願いを込めて



僕達はあのネックレスを外せずにいるんだ…。


Side Hoseok END