無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第47話

EP.44
YOU
YOU
ジョングクはさぁ、私にBTS辞めてほしいの?
JUNGKOOK
JUNGKOOK
…っいやその、、
Beomgyu
Beomgyu
ヌナ…いつから起きて…
YOU
YOU
最初から起きてたよ。
皆んながこの部屋に入ってきた時から。
Beomgyu
Beomgyu
そうだったんですか…。
…あ、そうだヌナ体調は?大丈夫ですか?
YOU
YOU
うん。大丈夫。
ギュのおかげだね!
Beomgyu
Beomgyu
…ギュ!?
ギュって初めて呼ばれた…。
ヌナにギュって…
YOU
YOU
ギュじゃダメなの?
Beomgyu
Beomgyu
ダメじゃないです!!


うん。




やっぱり私の後輩は可愛い!!←
YOU
YOU
あ、で…?
どうなのジョングク。
JUNGKOOK
JUNGKOOK
……。
YOU
YOU
正直に言いなさいよ。
JUNGKOOK
JUNGKOOK
僕は…BTSを辞めてほしいんじゃ無くて
昔のあなたさんに戻ってほしいんです。
YOU
YOU
昔の私?
戻れるわけないでしょ?
今の私が本当の私なの。
SUGA
SUGA
なぁあなた…。
YOU
YOU
なんですか?
ユンギ ”さん”
SUGA
SUGA
っ…本当の事言ってくれよ…。
お前嘘ついてんだろ!?
分かんだよお前が考えてる事なんて!
どれだけ一緒にいてどれだけお前の事
見てたと思ってんだよ!
YOU
YOU
嘘なんてついて無いですよ。
ユンギオッパの言葉は妙に説得力があった。



だって本当に見ていてくれてたから。



どんな時もすぐに気付いて



そばにいてくれた。



けど、だからこそなんだよ。



オッパ。ごめんね?
SUGA
SUGA
ついてるよ!
お前は嘘つくときっ…
YOU
YOU
もう何!?
嘘なんかついてない!!
SUGA
SUGA
なんでだよ…あなた…。
YOU
YOU
いっ
大きな声を出したせいか



落ち着いていたはずの頭痛がぶり返す。



それに気付いたボムギュがそっと支えてくれた。
YOU
YOU
もう帰って…。
SUGA
SUGA
あなた…
YOU
YOU
帰ってよっ!!
JIN
JIN
…ユンギヤ。
今日はもう帰ろう?
SUGA
SUGA
はい…。
すみません。


ジンオッパがそう言うと



みんなは帰る支度を始める。



RM
RM
ボムギュ…ちょっといい…?
ナムジュナがボムギュの事を呼ぶ。




外に出たから声は聞こえない。




皆んなが続々と病室を出て行って




私は1人になる。
YOU
YOU
なんで…こうなっちゃったんだろう…。
ずっと……



おじいちゃんとおばあちゃんになるまでずっと



みんなと一緒に笑って



楽しく過ごしたかったのに…。




________________________________________________
RM
RM
ボムギュ…ちょっといい…?
Beomgyu
Beomgyu
どうしたんですか?
あなたヌナの事なら僕も答えられな…
RM
RM
あなたの事…支えてあげてほしいんだ。
僕たちじゃきっと出来ないから。
今あなたが心を開いてるのはボムギュだけ。
だから…。
Beomgyu
Beomgyu
…分かりました。
絶対ヌナの事を支えます。
RM
RM
うん。
よろしくね…?

そういってナムジュンは



寂しそうに笑って



他のメンバーと一緒に宿舎へ帰った。