無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

EP.21
YOU
YOU
どうすれば皆んなにもっと嫌ってもらえるんだろう。


…いや、なんちゃう事考えてんだ。



普通の人ならそう思うよね。



私もそう思うよ。



でもそれを考えて行動することが



今の私の仕事。
YOU
YOU
あ、ジンオッパだ…、。
.



.



JIN
JIN
あの、あなたご飯出来たんだけど……
YOU
YOU
…いらないです。
JIN
JIN
でもちょっとは食べないとさ…
YOU
YOU
外で食べてくるので
JIN
JIN
ねぇ、そんなに僕のご飯美味しくない…?
YOU
YOU
..........。
美味しいです。


美味しいんですよ。


ごま油は多少多くても←


バランスとか彩りとかもちろん味も


全部しっかり考えて作られてる


完璧なご飯。
JIN
JIN
ねぇ……あなた…。
YOU
YOU
…美味しくないです。
他の人達がどう思ってるか知らないですけど少なくとも私は嫌いです。
ごめんね。



オッパのご飯本当は大好き。



どんな高級料理店のご飯よりも美味しいよ。



死ぬまでに1回でいいからまた食べたいな…。
YOU
YOU
こんなの…食べたくない!
JIN
JIN
…っ!!


私はオッパが作ったご飯のお皿をひっくり返した。



JIN
JIN
や…、ヤー!あなた!
食べ物を粗末にするのは許さn
YOU
YOU
明日から私の分作らなくて良いです。
じゃあ私は部屋に戻ります。
JIN
JIN
ちょっと!
まだ話終わってない!!!
私はオッパの事を無視して部屋に戻る 




これで少しは嫌いになってくれるかな。


YOU
YOU
何か買いに行こうかな…。
でも出かけるのめんどくさいし。


もともと小食だった私は



結局その日は何も口にしなかった。



というかする気にならなかった。




薬は食後に飲むってなってるから



お医者さんが知ったら怒るかもしれないけどね。