無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

EP.10
JIMIN
JIMIN
ヌナ!おかえりなさい!
YOU
YOU
うん。
RM
RM
……何かあったのか?
YOU
YOU
別に…何もないけど。
JIN
JIN
いや、何もないようには見えないけど?
YOU
YOU
本当に何もないですから。
JUNGKOOK
JUNGKOOK
なんか、怒ってます…?
YOU
YOU
何に怒るのよ。
JUNGKOOK
JUNGKOOK
ぁ、ぃゃ…。
YOU
YOU
はぁ……。
J-HOPE
J-HOPE
ねぇ、やっぱり何かあったんでしょ?
言ってよ…。じゃなきゃ分からないじゃん。
YOU
YOU
だから!何も無いって言ってるじゃん!
J-HOPE
J-HOPE
っ…ごめん…。
YOU
YOU
部屋帰る。
SUGA
SUGA
おい、あなた!
折角皆んなが心配してくれてるのにそれは無いだろ。
ユンギオッパの声が聞こえたけど



無視して自分の部屋に入る。




YOU
YOU
私、最低だ…。
ユンギオッパの言う通り。



皆んなが折角心配してくれてるのに



その思いを無駄にした。




私の病気は治らない。



もしこれからも皆んなに迷惑かけるなら




いっそ誰にも心配されないように




皆んなに嫌われてしまおうか。