無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第60話

EP.54
YOU
YOU
私も頑張んなきゃ。
Beomgyu
Beomgyu
寒く無いですか?
風邪ひいたら困るしそろそろ宿舎入ったほうがいいんじゃ…
YOU
YOU
あっ、そうだね。
ごめんね遅くまで付き合わせちゃって。
Beomgyu
Beomgyu
良いんですよ。
それに今日は僕が勝手に来たから…笑
YOU
YOU
まぁ、ともかくありがとう!
元気出たよ。
Beomgyu
Beomgyu
それなら良か
txt
txt
あ!!!!ギュ!!!
Beomgyu
Beomgyu
えっ…
txt
txt
何してるんだよ!
こんな遅くに急に家飛び出して!
心配するだろ!?
Beomgyu
Beomgyu
あ、それはごめん…。
YOU
YOU
ごめんね?
私が電話したから…
txt
txt
えっ、あ、あなたさんのせいでは…
YOU
YOU
ボムギュにはいつもお世話になってます笑
txt
txt
いやいやそれはこちらこそで…
YOU
YOU
じゃあまたね。
皆んなありがとう!
txt
txt
おやすみなさい!


まさかそんなに勢いよく



家を飛び出してたとは…。



ありがたいけど笑



YOU
YOU
ん?リビング…電気ついてる。
玄関のドアを開けると



そこには案の定ジョングクが。



きっと私が逃げた時、というか逃さないように



彼が選ばれたんだろう、。
JUNGKOOK
JUNGKOOK
ちょっと来てください。
抵抗してもどうせかなわないし
YOU
YOU
ん。
素直に従うことにした。



グクはちょっと驚いてたけど。



リビングに入るとBTS全員が集まった。



全員で円になって座る。



メンバーで話し合う時はいつもこうしてた。
JIN
JIN
ねぇ、今何してたの?
YOU
YOU
友達と会ってただけだけど?
J-HOPE
J-HOPE
友達って?
YOU
YOU
はぁ…知ってるくせに。
何がいいたいの?
JIMIN
JIMIN
やっぱり2人は付き合ってたんですか…?
YOU
YOU
だからさぁ、何回も言ってんじゃん!
付き合って無いって。
SUGA
SUGA
…付き合っても無い男女が
普通こんな事するか?
ユンギオッパが見せてきたのは



さっきの私がボムギュに抱きしめられてる写真。
YOU
YOU
海外なら普通じゃん。
何がいけないの?
それにもし私達が付き合ってたとしても
ユンギさんには何も関係ないから。
SUGA
SUGA
あるよ…関係あるだろ!
もっと自覚持てよ!
YOU
YOU
それに盗撮だなんてずいぶん悪趣味ですね。
RM
RM
ヒョン、一度落ち着いてください…。
YOU
YOU
この前も言ったけどさ、
もうほっといてよ。
嫌いなんだよ。
私はあなた達のことが嫌いなの。
そう言い残して私は部屋に戻る。
SUGA
SUGA
お前…変わったよな、。


ユンギオッパの



悲しそうな声が



静まり返ったリビングに響いた。