無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

EP.6
YOU
YOU
ゲホッコホッ
…んー?風邪ひいた…?
え、そんなことある?
最近よく咳が出る



私が風邪をひくなんて



でも熱ないし…



まさか立ちくらみもそのせいかな…



皆んなに迷惑かけたくないし。



咳で喉痛めて声出ないとかやだし。



今度病院行こうかな。
YOU
YOU
今日からは早く寝よ。





翌日も私は早めに就寝した。




数時間後…
YOU
YOU
ゲホッコホッ…ゲホッ
はぁはぁ…
私は咳が酷くて目が覚めた。


あまり病気にはならないけど


もともと軽い喘息持ちだったから


咳をしすぎると喘息になってしまう。


いつもなら皆んなと笑いすぎて咳でて


笑うな!って怒られて


静かにしてれば治るんだけど


今日は違うみたい。
YOU
YOU
ゲホッどこだっけ…?
いつもは使わない喘息の薬を探す。
YOU
YOU
あ、そっかリビングか。ゲホッ
えー、リビング行くの…
メンバーの誰かが持病の症状が出た時


皆んながすぐに対応できるように


私達の宿舎では薬をリビングに置くようにしている。



まぁ、そんな病弱な人いないんだけどね。

YOU
YOU
しょうがないか、。
私は出来るだけ咳を我慢してリビングに向かう
JUNGKOOK
JUNGKOOK
あれ?ヌナ起きてたんですか?
YOU
YOU
うん。まぁね…
薬箱は丁度リビングにいるメンバーの真前。


迷っててもしょうがない。


私は自然な感じで薬箱に手をかける。
JIN
JIN
??
薬?あなたどこか悪いの?
YOU
YOU
あー、いや?
友達があなたが使ってる喘息の薬教えてーって…
JIN
JIN
あー、なるほどね。
じゃあなんでもないの?
YOU
YOU
はい。
大丈夫です。
JIN
JIN
なら良かった!
あらかじめ考えておいた言い訳をすらすらと話す。



私は急いで部屋に戻った。


___________________________________________
作者(ユア)
作者(ユア)
お話の途中ですがこんにちは!
作者です!
このお話が始めましての方も、前のお話を読んでくれていた方も、読んでいただきありがとうございます!
作者(ユア)
作者(ユア)
実はこの『笑いすぎて喘息が出る』
っていうのは作者の体験談です笑
私は薬が手放せないような感じでは無いですが、超軽い喘息持ちなので笑すぎ&持久走系の咳が出やすい運動をする時は気をつけてます😅
作者(ユア)
作者(ユア)
深刻な感じでは無いのでご心配なく…笑
という事で作者の雑談Timeでした笑
それではまたお話に戻ります!
あんにょん!