無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第45話

EP.42
YOU
YOU
…んんっ
Beomgyu
Beomgyu
ヌナ…?ヌナっ!!
目を開けると泣きそうな顔のボムギュと目が合った。
YOU
YOU
ぼむ…ぎゅ?
Beomgyu
Beomgyu
あぁ…よかった、。
YOU
YOU
ここ病院?
Beomgyu
Beomgyu
はい。
ヌナ急に倒れるからびっくりしました…
YOU
YOU
ごめんね…。

私倒れちゃったんだ。



また迷惑かけちゃったな。
Beomgyu
Beomgyu
あの、一応BTSのマネージャーさんには連絡してもらったんですけど…
YOU
YOU
そう…だよね…。

私達は芸能人。



それもアイドル。





マネージャーに連絡が行くのは当たり前だ。




でも…
YOU
YOU
じゃあメンバーにこの話伝わっちゃうね…。
Beomgyu
Beomgyu
病院の方にはもしBTSの先輩達に聞かれても詳しく言わないように僕からお願いしてあります。
YOU
YOU
そっか…。ありがとね。
Beomgyu
Beomgyu
貧血で倒れたってことにでもしておきましょう?
YOU
YOU
うん。じゃあそうする!笑
Beomgyu
Beomgyu
あ、でも明日までは念のため入院だそうです。
YOU
YOU
分かった。
ついに私も入院かぁ…。笑
Beomgyu
Beomgyu
安静にしてれば明日帰れますよ!
YOU
YOU
そうだね笑
なんか眠くなってきちゃった。
Beomgyu
Beomgyu
寝ていいですよ?
僕そばにいるので。
YOU
YOU
んー、じゃあ寝ようかな…
Beomgyu
Beomgyu
おやすみなさい…。
楽しくて気付かなかったけど相当疲れてたみたいで




ボムギュに手を握ってもらったら




すぐに眠りについた。