無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

EP.7(+Side Jungkook)
YOU
YOU
っはぁ、はぁ…ゲホッゲホッ…コホッ…。
く、薬…
部屋についてからすぐに私は薬を使った。



いつもならすぐに良くなるしやっぱり風邪かな–って



そこまで気に留めてなかった。




でも今日はなかなか治らなくて



よく眠れなかった。







翌日...





YOU
YOU
おはようございます〜
JIN
JIN
おはよう!!
J-HOPE
J-HOPE
あなたおはよ〜
YOU
YOU
おはよ!!
JUNGKOOK
JUNGKOOK
ぬなー、おはようございますー…
YOU
YOU
おは…え、ジョングク??
RM
RM
どうしたんです……ジョ、ジョングガっ!?
JUNGKOOK
JUNGKOOK
なんですか皆んなして…
JIN
JIN
まさかお前が起こされてないのに起きてくるなんて…
JUNGKOOK
JUNGKOOK
僕だって起きますよ。
あ、そういえばあなたヌナ。
昨日大丈夫でした?
YOU
YOU
昨日?何のこと?
JUNGKOOK
JUNGKOOK
あの、咳してるの聞こえてきたから…
YOU
YOU
え…
J-HOPE
J-HOPE
咳?大丈夫だったの?
あなた喘息あるじゃん…
YOU
YOU
あー、大丈夫!!
飲み物飲んでたら変な所入っちゃってさ…ㅋㅋ
JIN
JIN
ヤーあなた、気をつけなよ?
YOU
YOU
はーい笑
JUNGKOOK
JUNGKOOK
..............。


____________________________________________

Side Jungkook


ヌナが薬をとりにきてからすぐ


僕も自分の部屋に帰った。


僕の隣の部屋はあなたヌナの部屋。


周りが静かな時は他の部屋の物音とかが聞こえる。



そろそろ寝ようかと思って電気を消したら


YOU
YOU
ゲホッゲホッ…ゴホッ


ヌナが咳をしてるのが聞こえてきた。



それも一瞬じゃなくて結構長くしてたから



心配になってヌナの部屋に行こうと思った。




でも、ヌナは誰かにみられたり心配されたりすると



余計に無理をしようとするから



すごく心配だったけど僕は行かない事にした。




今日僕が起こされる前に起きたのは



ヌナの事が気になったから。

JUNGKOOK
JUNGKOOK
咳してるの聞こえてきたから…
僕がそういうと明らかに動揺するヌナ。



皆んなに心配されて
YOU
YOU
飲み物飲んでたら変な所入っちゃってさ…ㅋㅋ
そう言ったヌナは


どこか具合が悪そうだった。


Side Jungkook END


_____________________________________________