無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第58話

EP.52
YOU
YOU
あれ、電話切れてる。


やっぱりめんどくさいって思われちゃったかな。



こんなヌナ嫌だよね。



やっぱり…誰にも言わずに1人で寂しく



最後までやれば良かったのかな。
YOU
YOU
外の空気にでもあたってこようかな…。

私はなんとなく宿舎の外に出て



涼む事にした。




(Side Beomgyu)

珍しくヌナからカトクが送られてきた。



いつも人のことばっかり考えてるヌナだから



人によっては迷惑に感じるような遅い時間に



カトクを送ってくるなんて



きっと深刻な何かがあったんだろうな。



そう思った。



電話をしてみるとやっぱりヌナは悩んでた。



話を聞いてたらいてもたってもいられなくて。



今度こそヌナが消えちゃいそうで。
txt
txt
ん!?ちょっとギュ!!
どこいくの?もう夜中だよ!!
そう心配するメンバーの声も無視して



BTSの宿舎に向かって走り出していた。


Beomgyu
Beomgyu
…はぁ、はぁ…。
ん?ヌナ…?

BTSの宿舎まで行くと



玄関の前で座っているヌナがいた。


Beomgyu
Beomgyu
ヌナ!!
YOU
YOU
……え、ギュ…?
ぎゅっ


ヌナが見えた瞬間


僕はヌナに駆け寄って抱きしめた。


だってヌナが泣いてたから。


きっとそれは僕のせい。


走ってる途中にうっかり通話終了ボタン押しちゃったんだ。


でもまさかあの人に見られてたとはね…。



Side Beomgyu END