無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

EP.40
ボムギュに全部話した。




まだ仲良くなって少ししかたってない。



もしかしたら引かれるかもしれないし



最低だって言われるかもしれない。



でも、ボムギュなら……



全てを受け入れてくれる気がしたから。
YOU
YOU
こんな先輩、嫌だよね。ごめんね。
ボムギュも…私なんかと一緒にいない方が良い。
今日はもう帰ろう?
それにもう会わないように…
Beomgyu
Beomgyu
ヌナ。
僕は帰らないし、また会いに行きますよ。
YOU
YOU
でも…もしボムギュにっ
Beomgyu
Beomgyu
もし僕の事も嫌いになろうとするなら、
僕はそんな思い消えて無くなるくらい
ヌナに好きになってもらいます。
絶対にヌナの事を見捨てたり、
嫌いになったりしないです。
YOU
YOU
……。
Beomgyu
Beomgyu
なんでも話して下さい!
愚痴でも楽しかったことでもなんでも聞きます。
YOU
YOU
でも、私は本当に最低な人間なの。
最近はなんで生きてるのか分からない…。
生きてる理由が分からないの。
Beomgyu
Beomgyu
誰かを幸せにするための嘘は優しい人がつく嘘です。
もし生きる理由が見つからないなら僕のために生きてください。
僕もヌナのために生きますから…。
YOU
YOU
…ありがとう。ボムギュ。
そんなこと言ってくれる人初めて会ったよ笑
あ、あの2人だけの秘密にしてね…?
Beomgyu
Beomgyu
誰にも言わないので安心してください笑
本当になんでも言ってくださいね?
僕が全部受け止めてあげます!

すごくほっとした。



なんでだろう。



話ができる相手が出来たから?



1人で抱え込まなくて良くなったから?




でも、ともかく気持ちが楽になった。





お会計をしてお店を出る。





頭痛は全く良くならないけど




今日は




ボムギュといる時は



先輩のプライドとか考えないでみよう。



YOU
YOU
ねぇ、ボムギュ。
Beomgyu
Beomgyu
なんですか??
YOU
YOU
私まだ生きてもいいかな…。
今日はずっとボムギュといたい…。
Beomgyu
Beomgyu
っ…いいに決まってるじゃないですか。
ずっと一緒にいます。
ヌナが呼んだ時も絶対駆けつけて
いつでもそばにいてあげます。
YOU
YOU
ありがとう…。


気づけば私は何故かボムギュに抱きしめられてて



YOU
YOU
嬉しいけどここ外だよ?



そう笑って言いたかったのに




その言葉を発する前に




私の意識は途切れた。