無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

EP.14
あぁ、言ってしまった。




1番嫌われたくない人たちに




1番嫌いたくない人たちに




『嫌いだ』と伝えてしまった。









もう、後戻りはできない。









YOU
YOU
もしもし、イ・あなたです。
私、治療はしないことにします。
Doctor
本当にそれで良いんですか?
YOU
YOU
はい。もういいんです。
十分幸せになれたので。
明日薬を貰いに行きます。
Doctor
分かりました。
お待ちしています。



皆んなに嫌われたら



あとはもう死ぬのを待つだけなんて



考え始めたら怖くなってきて



1人静かに泣いた。




次の日、午後からの仕事があった私は




朝一で病院へ行き、薬を貰った。




朝昼晩、毎日何種類もある薬を飲まなければいけない。




マネにも病気のことは伝えない事にした。





マネージャー
マネージャー
あ!あなた!
どこ行ってたんだよ〜もう仕事行く時間だぞ!
YOU
YOU
ごめんごめん笑
今日はトーク番組に出演する。



誰にもバレないといいな。