無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

EP.15
いつもならみんなの賑やかな声が響く車内。




今日は誰一人話さない。




運転をするマネが心配そうに話しかけてくる。
マネージャー
マネージャー
何かあったのか?
あなたが助手席なんて珍しいし…
YOU
YOU
…何もないよ?
皆んな疲れてるんじゃない?
マネージャー
マネージャー
そうか…?






🎤『今回のゲストはBTSの皆さんです!』




収録が始まる。



司会をする方からの質問。



今の私達には答えづらいものも多かった。




🎤『皆さんは唯一のヨジャであるあなたさんの事をどう思っていますか?』



JIN
JIN
あなたは…、明るくてすごく良い子です。
JUNGKOOK
JUNGKOOK
あなたさ…ヌナはいつも優しくしてくれます。
.






YOU
YOU
ねぇ。
RM
RM
ど、どうしたの…?
YOU
YOU
もうちょっと上手く出来ないの?
あれじゃバレバレじゃない。
特にジョングク。
JUNGKOOK
JUNGKOOK
ごめんなさい…。
YOU
YOU
不仲なのarmyにバレちゃうかもね。
J-HOPE
J-HOPE
っそれは!
YOU
YOU
あー、そっかぁ私のせいか。
まぁ私以外の7人は仲良いもんね?
JIMIN
JIMIN
ヌナ!僕やっぱり納得出来ません!
ちゃんと理由を教えてください!
YOU
YOU
は?
だから、前から嫌いだったんだってㅋㅋ
まだ分かんないの?
JIMIN
JIMIN
でも……。
YOU
YOU
じゃあ分らせてあげるよ。
ビシャッ
JIMIN
JIMIN
わっ…!
私は机の上にあったお茶をジミンにかけ




空になったコップを投げつけた。
JIN
JIN
ヤー!あなた!
何してるんだよ!
YOU
YOU
何って見た通りでしょ?
JIN
JIN
そういうことじゃない!
僕たちメンバーでしょ?
そんな事してっ
JIMIN
JIMIN
ヒョン、落ち着いてください。
僕は大丈夫ですから…。
JIN
JIN
ジミナ…



ねぇ皆んな




早く私の事嫌いになってよ。