無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

EP.17
あれから1ヶ月。



私の行動はだんだんエスカレートしてきていた。



事の発端は数日前。






練習中にテヒョナが私にぶつかった事から始まった。
V
V
うわっ…!
ドンッ
YOU
YOU
った……
V
V
あっ…、あなたさん!
ごめんなさい……
YOU
YOU
いったいな…。
ちゃんと周り見なさいよ!
V
V
ごめんなさい…。
うっ…


気づけば私はテヒョナの事を蹴っていた。
JIN
JIN
や、ちょっと!あなた!
J-HOPE
J-HOPE
暴力はダメだよ…。
YOU
YOU
だってこいつが悪いんじゃん?ㅋㅋ
JUNGKOOK
JUNGKOOK
テヒョニヒョンも悪気があったわけじゃないですし…
YOU
YOU
何?あんたもやられたいの?
JUNGKOOK
JUNGKOOK
え…いや、そういうわけじゃ、、


私はテヒョナを庇うためにしゃがんだグガに向かって



おもいっきり練習用のマイクを投げた。




ガンッ
JUNGKOOK
JUNGKOOK
っ!!!


私の行動に驚きを隠せないメンバー達。




私は見つけてしまったんだ。





いち早く嫌われる方法を。





嫌われるどころか傷付ける事になるかもしれない。




でも、テヒョナを蹴った時の




グガにマイクを投げた時のみんなの顔は




私が望む未来に近づく表情をしていた。




どうすればいいのか




なんでこうなったのか




これからどうなるのか





そんな顔だった。