無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

EP.30
YOU
YOU
ケホッケホッ
ステージが終わり楽屋に戻る。



私はすぐに自分のバッグをもって



楽屋の外に出た。



自販機でお水を買って人目につかないところで



薬を飲む。



YOU
YOU
よし、戻ろう。







J-HOPE
J-HOPE
ねぇ…
私が楽屋に戻るなり話始めるホソク。
RM
RM
どうした?
J-HOPE
J-HOPE
一回みんな集まって。
……あなたも。
JUNGKOOK
JUNGKOOK
…ホビヒョンどうしたんですか?
J-HOPE
J-HOPE
今日のステージやってみて皆んなどう思った?
V
V
…え?
J-HOPE
J-HOPE
良いパフォーマンスができたと思う?
JIMIN
JIMIN
それは……。
J-HOPE
J-HOPE
このままじゃ見てる人に、armyに楽しんでもらえない。
歌で思いを伝えるのが僕たちの仕事なのにこれじゃやってる意味がないよ。
RM
RM
そうだね…。
もっと考えないと。
J-HOPE
J-HOPE
特にあなた。
今日はひどかった。
僕たちの事が嫌いならもうそれはそれで良い。
けどそれでもグループなんだよ。
協力してもらわなきゃ困る。
…それが嫌ならっ…!
JIN
JIN
ホソガ!
一回落ち着いて…?
J-HOPE
J-HOPE
っ…すいません…
ガチャ🚪
マネージャー
マネージャー
お疲れ様。
皆んな帰るぞ。
BTS
BTS
…はい。
マネージャー
マネージャー
明日から休みとれたからゆっくり休め。
結局私は皆んなに何も話さないまま


1日が終わった。