無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第52話

EP.47
ボムギュに全てを話してから数週間。




ボムギュとの心の距離が近くなればなるほど




私と他のメンバーとの距離はどんどん離れていった。




それでも良かった。




ボムギュには悪いとは思うけど




やっぱり大切なのはメンバーだから。





悲しませないためにはこうするしか無い。





でも私たちは芸能人。




同じ事務所とはいえ、私達は男女なわけで




頻繁に会っているとどうしても出てしまうのが





熱愛報道。





私たちは休みが被った時は必ずと言っていいほど




一緒にお出かけをしていた。




カフェめぐりをしたり



絶景スポットにいったり



普通に食事をしたり





本当に色々な所に行った。




私が死ぬまでに行きたいと思っていた所にも。













Beomgyu
Beomgyu
今日も楽しかったです!
YOU
YOU
私も楽しかった!
今度はギュが行きたい所行こう?
Beomgyu
Beomgyu
僕が行きたいところですか?
僕はヌナが行きたい所に行きたいです。
YOU
YOU
え、なにそれ優しい!
優男じゃん!
…ぁ…。
Beomgyu
Beomgyu
…?どうしたんですか?
YOU
YOU
ううん、何でもない。
ちょっと思い出した事があって。









YOU
YOU
ユンギオッパどこ行きたいですか?
SUGA
SUGA
あなたの行きたい所。
YOU
YOU
えっ、優男…。
うーん、じゃあ…私皆んなでお揃いの物買いたいんです。






今もまだ外せなくて




ずっとつけてある”お揃い“のネックレス。
YOU
YOU
あの時は…楽しかった…なぁって…
Beomgyu
Beomgyu
あなたヌナ…。
YOU
YOU
…っごめんね?
解散しよっか!おくってくれてありがとう。
Beomgyu
Beomgyu
はい…。
こちらこそありがとうございました!
また連絡します!
YOU
YOU
うん!ばいばい!
 

ガチャ 🚪


誰もいないだろうと思って普通に開けたドア。





けど実際には違くて




顔を上げるとそこにはユンギオッパがいた。