無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
151
2019/06/25

第3話

オーディション


ほんとはオーディション行く前っていうか向かってる最中にBTSの〇〇〇と会うって感じにしてたんですけどなんかわたしの携帯接続っていうかなんかねわるくてね。だからオーディションにもうするね✩


ゆるして♡









では次の方おねがいします





あなた はいお願いします!




お名前.歳.特技教えてください





あなたです 歳は00lineで 特技はだんすや歌全般得意です




ありがとうございます




では少し見せてくれますか?




あなた もちろんです!






ガラガラガラ←ドアが開く音



あなた (全身黒で高身長で2人小さいけどなんか7人組きた。 BTSかもな((殴





ではお願いします



あなた え、すみません。後ろにおられるお方にも見られるのですかね?





え、もちろんですよ




あなた あ、すみません




???((がんばってね



あなた え?あ、はい







BTSの曲が流れた




歌いながらおどった



ねぴったんぬんむる ねまじまちょむる た
〜♪




ありがとうございました!





とても上手くて素晴らしい歌声でした





あなた お世辞でもありがとうございますㅋㅋ




いえ本当ですよ




あなた それは光栄です






6人が部屋を出ていった


???((君上手いね!




あなた あ?ありがとうございます?




???((僕はねキムテヒョン!




あなた ……………………え、







あなた きむてひょん!?!?((大声



てて((🤫



あなた あ、はい






あなた すんまそん。




てて((なむじゅにひょんにおこられちゃう♡






あなた え、うけるㅋㅋ






てて((ㅋㅋㅋ




てて((君やっぱおもろいねㅋㅋ




てて((あいどるなれるんじゃね






あなた え、あざす