無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

#4
#3の続きです!

┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈
テオくんが、俺のモノを突きはじめる
じんたん
じんたん
んっ!や…めて…テオくん…んんっ…おっ…かしくなるぅ…
テオくん
テオくん
へ〜、やめて欲しいんだ〜(  ´﹀` )ニヤニヤ
じゃ、やめる
じんたん
じんたん
うぅ・・・( ˘ •̣̣̣ ~ •̣̣̣ ˘ )
や…やめないで…テオくん…
テオくん
テオくん
どうして欲しいのか、言ってみ?
じんたん
じんたん
うぅ…いじわる…( ⸝⸝⸝ʚ̴̶̷̆ωʚ̴̶̷̆⸝⸝)

て…テオくんが…好きなように…してください…
テオくん
テオくん
後悔するなよ?
テオくんが、俺の服を脱がす。
そして、首や、体のあちこちに、キスマークを付けていく
じんたん
じんたん
んっ…ひゃっ///
俺は、媚薬が効いているため、抵抗できない
テオくん
テオくん
じんたん…かわいいよ…
じんたん
じんたん
んんっ…テオくん…ちゅぅして?
テオくん
テオくん
そんな事言われたら、止まんないよ…?
Dキス
じんたん
じんたん
んふぅ…んっ…んんっ…テオく…しゅき…んっ…///
テオくん
テオくん
じんたん…もう入れてい?
じんたん
じんたん
(´๑•_•๑)コクン
テオくん
テオくん
きっつ…やば…
じんたん
じんたん
んぁっ…あっあっ…激しっ…んんっ…はぁっ…
テオくん
テオくん
もっと気持ちよくするね?
じんたん
じんたん
うん…
(もっと気持ちよくって、俺おかしくなっちゃうよ…)
テオくんは、腰を激しく振りながら、俺の乳首をつまみ、Dキスをしてきた
じんたん
じんたん
んんっ!テオくっ…んふぅっ…もぅだ…め…イクぅっ!!
テオくん
テオくん
俺もイクぅっ!!
2人で果てた
疲れたようで、じんたんは、寝てしまった。
テオくん
テオくん
かわいい奴め!
(耳元で囁く)
大好きだよ…
じんたん
じんたん
//////////
じんたん
じんたん
(起きてるよ…テオくん//////)
┈┈┈┈┈┈┈続く┈┈┈┈┈┈┈┈