第4話

🪄︎︎×3(過去編)
28
2022/10/24 01:23
僕(ひなた)は1度。人を沢山殺めた時がある。
これは昔の話。
僕は小さい頃から虐待を受けていた。
暴力、暴言、八つ当たりは勿論。
お母さんには「才能がない」とか「無能」とか。
しょうがないじゃん。末っ子だもん。
才能が無いとかそんなの僕が1番分かりきってる。
才能があるないのは全て姉に取られたから。
唯一の才能なんて何も無いから。
何も出来ないからって普通の小学校に通わされた時は辛かった。
「魔法使いが来るな」とか。
僕は何も悪いことしてないじゃんか。
先生にも罵倒されて、嫌な思いをした。
何も出来なかった。「お前に出す課題なんてない」だとか
その時僕は初めて先生に向かって正論を言い始める。
それを聞いて頭に血が登ったのか手を出された。
教室にはバチンッと音がした。
でもその時は何故か痛くなくて。
相手が痛い思いをしている方が僕にとっての快楽であった。
それは時々しかなくて。許された(許されない)時に出来る事(遊び)。
その時初めて笑顔(狂気の笑み)になれた。
教室には悲鳴が響く。すぐに先生が来て僕とクズな先生(担任だった者の死体)を引き剥がそうとした。
いずれ教室は血の海。助けに来た先生も、全員分からせた(殺した)
そこから血だらけで家に帰るとすぐ殴られた。どうやら連絡が行ってたそう。
親
余計な事しやがってっ……!!!
赤髪(白かった髪)を引っ張りながら言う。そして床や壁に叩きつけられた。
“大っ嫌い”なお姉ちゃんは見ているだけで助けてくれなかった。
見てる視線は僕を嘲笑ってるみたいで
そして、薄いピンクだった目も段々濃くなって。
次の日。担任が変わった。…だが普通の人間と違うオーラが見えた。
魔法使い。確かに魔法使いと一致する事が沢山ある。
上級魔法使い。魔法使いとも分からないような変装をする完璧な魔法使い。
憧れだった者が今目の前に立って話している。
田中てぃーちゃー
新しくここの担任になった田中だ。皆よろしくな。
その日から僕の人生は変わった。
何かあると直ぐに先生が駆けつけてくれて、
僕の味方をしてくれた。
例えば、
.
あの時先生殺したくせになんで学校来てんだよ!!w
ひなた
ひなた
ご…ごめんなさい…ッ。
……で、でもっッ、…わざとじゃ……ッ
『学校に来るな』とか言われても、
先生は
田中てぃーちゃー
しょうがないだろ。
ひなたはお前らに虐められて我慢してたんだぞ。
田中てぃーちゃー
そして、親の問題でもあるんだから文句を言うな。
田中てぃーちゃー
悪いのはこいつじゃない。
そうやって味方してくれて、とても嬉しかった。
その日からクラスメイトが自分がしていた事を反省して仲良くしてくれた子もいる。
だけどそれでも、暴力はなくなったが悪口や陰口が多かった。
.
あいつ媚び売ってんじゃね?
.
ほんとキモイw魔法使いのくせにw
.
もしかして俺らの事嘲笑ってんじゃねーの?w
.
あはははは!!ww
.
……行こ。
あんなやつ気にしなくていいから
ひなた
ひなた
……うん。
ひなた
ひなた
ありがと!
暴言を吐いてくる人は“嫌い”だけど、味方してくれる子が大好き。
心が落ち着くような言葉をかけてくれて。
でもそんな仲良しごっこはいつしか深い海に沈んでいった。
これは学校の企画で全学年海に出掛けることになった。
最初は陰口だけだったが水をかけられたり、押されたりしてとても危なかった。
……するとその時は突然訪れた。
海が荒れてきた。
危ない為皆中に入れと言われた。
だがその時。
.
お前は海にでも沈んでろ!w
そう言われて力強く押され海の奥深くまで沈んでいった。
その時の数人の親もいた為勿論僕のお母さんも居た。
だけどそれは計画のため。
僕を最初から海へ落とすつもりだった。
僕は意識が薄れていく中ただただ沈むことしか出来なかった。
だって、足掻いても無駄だと思った。
意識が薄れていくのにも関わらずこの言葉が頭に埋め尽くされる。

お姉ちゃんなんか居なければ良かった
何かを愛したかった
愛されたかった
復讐してやりたかった
羨ましかった
妬ましかった
最後に愚痴を全部吐きたかった
早く居なくなれば良かった
幸せになりたかった
1番になりたかった
最後になりたくなかった
才能が欲しかった
人の才能が気持ち悪かった
努力してた
努力してないくせにあいつらは

“全部全部あいつらのせいで”
“妬ましいったらありゃしない”
“大っ嫌いだ。”
そして僕の意識は途絶えた。
誰かの声がする。
これは反応しないといけないような気がして目を開けた。
目を開けるとそこは暗い深海。
目の前には綺麗な姿をした深海の主。
ひなた
ひなた
え…あ……。
.
ねぇ、悔しくないの?
突然掛けられた言葉。
突然の事だったのですぐには反応出来なかったが返事をした
ひなた
ひなた
……悔しいけど、今は自分が情けない感じ
ニコッと笑う。何故か笑えた。
.
そう。
そう言って何かを取り出す。
そして僕の前に出した。
ひなた
ひなた
斧……?
そして深海の主は言う。
.
“今までのを全部ぶつけて、そのまま殺して”
何を言い出すかと思えば殺してと。
そして今までの事を全部ぶつけながら…と。
.
次の深海の主は貴方よ。
そう言って優しく撫でてくれる。
あぁ、初めて暴力を振るうのを嫌と思った。
優しくて寒い海の底だが暖かくて。
ひなた
ひなた
……えへへ…。
ひなた
ひなた
ぁ、…でも…まだ、まだ僕に考えさせてください。
すぐには殺したくなかった。
まだいれば愛してくれると思った。
愛してくれると思って僕も愛したかった
.
……ニコッ
いいわよ。
優しく微笑み優しい声で言ってくれる。
……あぁ、初めてだから。
嬉しくなっちゃう。
ずっと一緒に居た( 痛 た)かった
居たかった。居たかった。
痛かったッ……ッ!!!
そのゴミを見る目。
あぁ、なんでこんなやつを信用したんだろう
今すぐ殺したい。殺したいッッ……!!
目は嘘つけないw知ってんの…!
バカな主様♡
今さっき会ったのに愛したいと思ったのはなんでだろう、
こんなクズさっさと切り裂いてしまえばよかったのに
ひなた
ひなた
アッハハハハハハハハ!!!!!!!
斧で背後から刺した。
ひなた
ひなた
そのゴミを見る目!!全部全部大っ嫌い!!
ひなた
ひなた
その醜い姿、顔、声!!
気持ち悪いッ……気持ち悪いッ!!!
ひなた
ひなた
死んでしまえ!!!
首を斬った。
そして僕は今日からお前ら(海の生物共)の主だ。
……あれ、なんで……なんでこんなことしてんの
ひなた
ひなた
ぁ……え……?
あぁ、早く殺して欲しかったんだな、深海の主様。
いや、僕の為なのか。
あぁ、ごめんなさい。
心の底では愛してたのに
……共々深海の主の持ってた魔法は…騙し…か
騙されて醜いと思った。
ゴミを見るような目だと思ってしまった
ひなた
ひなた
……僕が、僕が君の分まで償ってあげる!
その魔法で僕みたいになってこうなっちゃったんだよね?
ひなた
ひなた
同じ未練を辿るなんて僕達は運命共同体?
あぁ、この時は狂ってた。
返り血が着いていても『君に触れてるッ♡』と言いながら返り血に触る。
この時の僕は本当に歪んでた。
ひなた
ひなた
えへへ!君みたいに僕は…僕達と同じような子を救ってあげようか!
ひなた
ひなた
だから……
ひなた
ひなた
……だから
ひなた
ひなた
待ってて。
人間共。
醜いお前らを殺してやる。
今日は数十万人海に来ている。
なんで分かるかって?
深海の主だから、……いや
海の主だから。
深海の主でもある。
お前らは僕にシナリオを作らせ過ぎた。
愚かだね人間。こんなにだとは思わなかった
我々魔女を罵倒した罪を今ここで償え
ひなた
ひなた
クソ人間共ッッ!!
僕はこの一日前魔法を1つ覚えた。
鏡写しのシロクロ(画面映シノ偽物)……だっけ。
その後の事は覚えてはいない。
だが海から上がり、人を数十万人暗殺した。
僕は……1つの記憶と引き換えに数十万人殺した。
これだけは覚えている。
あぁ……でもお母さんは逃がしちゃったな。
あれ…何を忘れてるんだろ。
……早く家戻ろ。
えーと、そういえば海に沈んでったけど……





































誰に助けてもらったんだっけな。
??
貴方の想いがいつか届きますように。



































































連夏
連夏
___1250615101962

プリ小説オーディオドラマ