無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

3話🍁
あなた(高校生)
あなた(高校生)
今日から学校…
よし、行くか。
お母さんを押し切って引っ越したアパート
『桜アパート』は、前の学校から遠く、転校することになっていた。




ガチャッ…パタン。
あなた(高校生)
あなた(高校生)
あ…おはようございます!!
ご近所さん
あら、お嬢ちゃん新しい子かい?おはよう。気をつけてね。
あなた(高校生)
あなた(高校生)
はい。
ありがとうございます!!
ご近所さんか…仲良くできるかな…


って、時間やばい!!急ごっ!
タッタッタッタッタッ…ドンッ
あなた(高校生)
あなた(高校生)
キャッ…す、すいません…
?
こっちこそごめん…
大丈夫?怪我とか…
あなた(高校生)
あなた(高校生)
ありがとうございます。大丈夫です…あと、私、急いでいるので失礼します…すいません。
タッタッタッタッタッ
?
あ…行っちゃった…
────────────────────
コンコン
あなた(高校生)
あなた(高校生)
失礼します…
?
あぁ、どうぞ。
ガラッ
あなた(高校生)
あなた(高校生)
あの…蒼鳥 あなたです。
校長先生
2年2組の子か。
コンコン
?
失礼します。
ガラッ
あなた(高校生)
あなた(高校生)
あ…
校長先生
そうだ、丁度いい。
相川くん、あなたちゃんを連れて行ってあげてくれ。
相川 真冬
はい…え、蒼鳥さん!?
あなた(高校生)
あなた(高校生)
え、もしかして相川さん?
相川 真冬
僕ですよ!桜アパートの!
校長先生
知り合いか?
あなた(高校生)
あなた(高校生)
はい!
校長先生
あと相川、何の用だった?
相川 真冬
えと、この書類を。
校長先生
そうか、ありがとう。
行っていいぞ。
あなた(高校生)
あなた(高校生)
し、失礼しました。
相川 真冬
失礼しました。
ガラッ
────────────────────