無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

4話🍁
〜移動中〜
あなた(高校生)
あなた(高校生)
あ、あの…相川さん。
相川 真冬
あ、真冬でいいよ!
同じクラスだったとは…
あなた(高校生)
あなた(高校生)
じゃあ真冬くん。そうだね…あ、私はあなたでいいよ。
相川 真冬
うん!
あなた(高校生)
あなた(高校生)
真冬くんは高2でアパートの管理人って凄いね…
相川 真冬
あぁ…実はお父さんが忙しくて管理できなかったから僕に。
あなた(高校生)
あなた(高校生)
そうなんだ…
相川 真冬
着いた。ここが2年2組だよ。
あなた(高校生)
あなた(高校生)
ここなんだ…
相川 真冬
僕入ってるから、
先生が呼んだら入ってきてね!
あなた(高校生)
あなた(高校生)
うん。
ガラッ
相川 真冬
先生、蒼鳥さん
案内してきました。
先生
そうか、相川ありがとな。
先生
今日は転校生を紹介します。
ザワザワ…ザワザワ…
先生
蒼鳥さん、
入ってきてください。
あなた(高校生)
あなた(高校生)
はい。
ガラッ
おぉぉぉ…
可愛い… やった、女子だ!!
超美人じゃん… 頭良さそう…
あなた(高校生)
あなた(高校生)
あ、蒼鳥 あなたといいます。よろしくお願いします。
先生
みんな、仲良くしてやってな。
蒼鳥、席は相川の隣だ。
あなた(高校生)
あなた(高校生)
はい。
相川 真冬
あなた、隣だね!!((コソッ
あなた(高校生)
あなた(高校生)
うん、((ニコッ
トントン
?
真冬、授業始まるで。
相川 真冬
あ、はーい。
?
っていうか知り合いなん?
相川 真冬
うん、僕の桜アパート
に来てたからさ。
?
住人?
相川 真冬
そうだよ。あ、あなた。
その人は千羅だよ。
あなた(高校生)
あなた(高校生)
千羅くん、よろしくね。
折原 千羅
よろしゅうお願いします。
あなた(高校生)
あなた(高校生)
京都弁って落ち着くよね…
折原 千羅
そりゃどうも。
相川 真冬
あなた、まだ紹介する人沢山いるからお昼一緒に食べない?
あなた(高校生)
あなた(高校生)
いいよ。
先生
おーい。そこ!
授業始まるぞ!前向け!
3人
はーい。
────────────────────