無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

突然、、
53
2020/10/12 16:25
??『すみません、』

私は振り向いた。

「どうされましたか?」

私はその人の顔を見た瞬間驚きを隠せなかった。

「え、、な、なんで、、」

そこに居たのは国民的アイドルの大倉忠義さんだった。

『驚かせてしまい、すみません、少し道を聞きたくて…』

「えっと、、は、はい、」

私はあまりにも突然過ぎてきちんと教えることができるか不安だった。

『〜ここなんですけど、、』

「あ、はい、ここの道をわたっていただいて、、」

『ありがとうございます、あと、ほんとに申し訳ないのですが、、俺の携帯充電きれちゃって、マネージャーに連絡取りたいので携帯借りてもいいですか?』

私はテンパっていて、躊躇せず彼に携帯を渡していた。

『あ、もしもし?大倉です、道迷って今、教えてもらったからそっち向かうわ、はい、はーい、』

彼はマネージャーさんとお話していた。

『ホンマに助かりました、ありがとうございました!』

と彼は携帯を返してくれた。

私の人生はそこから大きく動き出すことに私はまだ気づいてなかった。