無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

ミーニー 🦊 🐶🔞


〜初めに〜
※短編集です
※全て作者の妄想となっております
※R18作品ですので苦手な方は御遠慮ください
※所々設定がおかしい所があるかも知れませんがその際はコメントにて教えて頂けると幸いです
※作者語彙力ないです
※どんどんコメントして下さい。絶対返します








ではでは本編

「嫉妬からの」


ウォヌside

俺、ウォヌ。
こう見えてもミンギュの彼氏。


ん?俺受けだから彼女か?(さらっと情報出しました。ちょのぬです)









まあ、そんな事はどうでも良くて

俺、只今嫉妬中( ・᷄ὢ・᷅ )
なんでかって?ちょっと見てみてよ(`‐ω‐´)
ミンギュ
ミンギュ
ヒョーン
ホシ
ホシ
ん?どした?
ミンギュ
ミンギュ
一緒にゲームしましょ!
ホシ
ホシ
お?別にいいけど...
ウォヌ大丈夫か?(小声)
ミンギュ
ミンギュ
え?ウォヌヒョン?まぁ大丈夫でしょ(小声)
ホシ
ホシ
そうか?それなら良いけど...
嫉妬されても知らないからな(小声)
ミンギュ
ミンギュ
まぁ嫉妬してくれた方が我得ですし大丈夫でしょ(小声)





二人とも何話してるんだろう?
ホシと小声で喋ってるせいでなんか顔近いしさ
エスクプス
エスクプス
ウォヌや、なんか顔怖いぞ?大丈夫か?
ウォヌ
ウォヌ
あ、大丈夫です。
ウォヌ
ウォヌ
ちょっと考え事してました。
エスクプス
エスクプス
そっか。なら良かった
ウォヌ
ウォヌ
はい。

ホシとはもうゲームが終わったみたいで2人ともスマホでゲームしてる

よしちょっと呼び出そうじゃないか
ウォヌ
ウォヌ
ミンギュー。ちょっといいか?
ミンギュ
ミンギュ
はいー!どうしましたかヒョン
ウォヌ
ウォヌ
ここじゃあれだから、、、、部屋行こう?
ミンギュ
ミンギュ
...?別にいいですけどなにかありましたか?




ウォヌside終わり


部屋へGo (みんな発音大事だからね?)





ウォヌ
ウォヌ
ミンギュ...
ミンギュ
ミンギュ
どうしました?
ウォヌ
ウォヌ
俺の事...嫌いに.....なった?‪(  •̥ ˍ •̥  )‬
ミンギュ
ミンギュ
え!どうしたんですかヒョン!泣かないでください(焦)
ウォヌ
ウォヌ
あ..ごめん...泣くつもりじゃなかったんだけど‪( ´•̥  ̫ •̥` )‬
ミンギュ
ミンギュ
ヒョン、何があったんですか?
ウォヌ
ウォヌ
聞いても引かない?束縛だって‪(  •̥ ˍ •̥  )‬
ミンギュ
ミンギュ
はい。絶対引きませんし、ヒョンになら束縛されたっていいです。むしろ嬉しいです。
だから何があったか話してください
ウォヌ
ウォヌ
(全部話す)
ミンギュ
ミンギュ
ヒョン...それ、嫉妬してくれたって事でいいですか!?
ウォヌ
ウォヌ
おま、何興奮してんだよ
ミンギュ
ミンギュ
仕方ないじゃないですか!
ミンギュ
ミンギュ
だってヒョンが嫉妬してくれたんですよ?
もうお祭りレベルですよ
ウォヌ
ウォヌ
な、お前ふざけてたら怒るぞ\(//Д//)/
ミンギュ
ミンギュ
うわヒョン照れました?かっわいい(๑ ᴖ ᴑ ᴖ ๑)
ウォヌ
ウォヌ
もう知らないからなっ!(   ¯−¯ )
ミンギュ
ミンギュ
あ〜ヒョン怒らないでください
ドサッとミンギュがウォヌをベッドに押し倒す

ここからはミンギュside
ウォヌ
ウォヌ
ちょっ、ミンギュ?
ミンギュ
ミンギュ
ヒョンほんとに可愛いですね。僕だけのものにしておきたいです。
ウォヌ
ウォヌ
ほんとにっ、ミンギュっ
ミンギュ
ミンギュ
ちゅ
ウォヌ
ウォヌ
っふ...ぁ...っ
ミンギュ
ミンギュ
キスだけでこんなに感じちゃうのはヒョンだけかもね(*^^*)
ウォヌ
ウォヌ
っ...だまれ...
今度は長めのキスをしてみる
ウォヌ
ウォヌ
んっ...ふぁ...ぁ...っ...ん!
突然ヒョンがビクリと肩を跳ねさせた
と思ったら無意識にヒョンの胸に手がいっていた
ウォヌ
ウォヌ
んっ...むね..っ...やめろっ...
ミンギュ
ミンギュ
あれー、ヒョン胸嫌いだっけ?
吐息多めで耳元で喋る
するとヒョンはやっぱり反応して
ウォヌ
ウォヌ
いっや…じゃない..からぁっ...耳元で喋る..な
とか言ってくる
ほんとに可愛いよねうちのヒョンは
ミンギュ
ミンギュ
ふふっ…やっぱり耳弱いね(*^^*)
ウォヌ
ウォヌ
よっ...わくっない!
ミンギュ
ミンギュ
そうか〜じゃあ耳いっぱい舐めて感じるようにしてあげるね(*^^*)
ウォヌ
ウォヌ
やっ...やめてっ...やめ...ろって
ずっと続けてるとだんだん涙目になってきたヒョン
無意識なのかな?
ミンギュ
ミンギュ
涙目で、目とろんってさせてる気持ちよさそうな人が言うセリフなのかなぁ
ミンギュ
ミンギュ
もしかしてヒョン煽ってる?
ウォヌ
ウォヌ
煽ってなんかないっ
うんだよね

無意識って怖いね(*^^*)
もうちょっと意地悪してみようかな...(*^^*)
ウォヌ
ウォヌ
ミンっ...ギュっ.....触んなっ...
ミンギュ
ミンギュ
触るのはダメかぁ
ミンギュ
ミンギュ
じゃあ...

ヒョンの可愛い乳首をちろりと舐めてみる
ウォヌ
ウォヌ
ふぁっ.....やめって...舐めない...でっ
ミンギュ
ミンギュ
触るのも舐めるのもだめなの?
ミンギュ
ミンギュ
そんな我儘なヒョンにはお仕置きしないと
''お仕置き''そのフレーズに反応したのはヒョンのもの
ミンギュ
ミンギュ
あれヒョン興奮しちゃった?
ウォヌ
ウォヌ
してないっ
ミンギュ
ミンギュ
嘘つきは良くないなぁ
こんなに主張してるよ?ヒョンのもの
って言うとすんごいわかりやすく顔が赤くなるヒョン
ウォヌ
ウォヌ
いうなって...//
だんだん甘々になってきた僕のヒョン
クローゼットの中から取り出したネクタイでヒョンの手を縛る
ウォヌ
ウォヌ
ねっ...これっ...外して...
さっきまで口を抑えてたヒョンが口を塞げなくなって声を漏らす
ミンギュ
ミンギュ
ヒョン...お仕置きって言ったよね?
ミンギュ
ミンギュ
俺、放置プレイまたしたいんだぁ
ウォヌ
ウォヌ
えっ...やだやだ...あれやだっ
このまえバイブとローターをつけてヒョンにした時は今までになくトロトロになってすんごく可愛かったんだけど、ヒョン的にはそれが恥ずかしかったらしく1日中口を聞いてくれなかった
それにしてもやだとか萌えるなぁ
鍵付きの引き出しからローターとバイブを取り出して既に勃ったヒョンのものと
ヒョンのお尻につけていく
ウォヌ
ウォヌ
ねぇっ...やめよっ...
お願いっ...なんでもするかr
ヒョンが喋っている途中でスイッチをつける
ウォヌ
ウォヌ
ひゃああっ
とヒョンらしくない高い声をだす

それがめっちゃ可愛いの
ミンギュ
ミンギュ
ヒョン...この前は30分放置だったから今日は1時間だね(*^^*)
いまが大体23:00だから24:00頃かあ
みんなが寝始める時間帯だね(*^^*)
ウォヌ
ウォヌ
1時間っ...とか...はぁ...んひゃあっ...みんな...ねちゃっ.....うっ...
ミンギュ
ミンギュ
分かんないよ?起きてるかもだし
ミンギュ
ミンギュ
ヒョンの可愛い声が響くだけなのか皆に聞こえるのかどっちだろうねぇ(*^^*)
ウォヌ
ウォヌ
意地悪っ...
ウォヌ
ウォヌ
ひゃああああ
(´・∀・` )アラ
イッちゃった
ミンギュ
ミンギュ
ほらヒョンお仕置きなんだからイッちゃったらダメじゃん...
ミンギュ
ミンギュ
1時間イかないように頑張ってね(*^^*)
ウォヌ
ウォヌ
そんっ...なのっ...無理っ.....ふぁっ...ひゃああああ
口答えしてきたからちょっと強にしてみた(*^^*)
ウォヌ
ウォヌ
ねっ...もうっ...止めてって.....はぁはぁ...ん!...ふわあっ!ひゃんっ
ミンギュ
ミンギュ
ランダムモードにしてあるからイきたくてもイけないかもね(*^^*)
ヤる時ってSになっちゃうんだよね( ´⚰︎` )



俺は隣で作業しとくかぁ
ミンギュ
ミンギュ
(パソコンカタカタ)
ウォヌ
ウォヌ
んっ...ひゃんっ!
ウォヌ
ウォヌ
ミンっギュっ.....止めtひゃあああああああ
ヒョンがイッちゃった
ミンギュ
ミンギュ
はい2回目
その後も泣きながらヒョンは止めてってお願いしてきた
可愛い過ぎて辛いよねうん
40分後
ヒョンがこんなこと言い出した
ウォヌ
ウォヌ
もうっ...ミンギュじゃないのでっ...イくの...やだっっ
ミンギュ
ミンギュ
ヒョン...めっちゃ可愛い事言うね...
やっばぁ
ミンギュ
ミンギュ
もう我慢出来ないかも...
ローターやバイブを取って一気に自分のを入れる
ミンギュ
ミンギュ
ヒョン...グチョグチョだね
ミンギュ
ミンギュ
そんなに気持ちよかったの?俺じゃないのに
ウォヌ
ウォヌ
ちがっ...ごめ...ごめっ...んぁあああ
いきなり奥に激しく突いてみる
ミンギュ
ミンギュ
ヒョン5回もイッちゃったんだよ?
ミンギュ
ミンギュ
もう色無くなってるじゃん(*^^*)
ウォヌ
ウォヌ
んっ...あっ...んんん...
ヒョンが唇を噛んで声を出そうとしない
それもそうだろう
だって隣の部屋のスンチョリヒョンが部屋に入って来たんだから
ミンギュ
ミンギュ
ヒョーン
ミンギュ
ミンギュ
我慢しないで
何度言っても聞かないので唇を指で撫でた
するとこしょばゆかったのか唇を開いた
俺はここぞとばかりにヒョンの口の中に指を入れる
そしたら口を閉じても声が出ちゃうから
ウォヌ
ウォヌ
やっ...声出ちゃうって...あっ...んっ...ああっ...んっ
規則正しい腰のリズムに合わせて声をだすヒョンがたまらなく可愛い
ウォヌ
ウォヌ
んっあっあっあああああ
イッちゃったっと思った矢先、ヒョンが気を失った
このまま続けるのもあれだし
あと片付けをして綺麗にしてあげた
ミンギュ
ミンギュ
ヒョン...ちょっとやりすぎちゃったごめんね
とぼそっと声をかけて自分も寝る体勢に入る
するとヒョンが
ウォヌ
ウォヌ
んぅ...ミンギュ...
とか言いながら抱きついてくるもんだから無意識って怖いって再確認しちゃうよね




































次の日卍
ミンギュ
ミンギュ
あ、ヒョンおはよう
ウォヌ
ウォヌ
ミンギュ...腰が痛い
ミンギュ
ミンギュ
あれ、ヒョン怒らないの?
ウォヌ
ウォヌ
いや、あと片付けも全部してくれたしなぁと思って
ヤったあとに敬語が抜けるのって俺の癖なんだよなぁ
ミンギュ
ミンギュ
ふふっヒョン今日素直で可愛い
ミンギュ
ミンギュ
また放置プレイしようね(*^^*)
ウォヌ
ウォヌ
絶対やらない(即答)
















え...