無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

赤眼
猫耳かうさぎ耳をつけようとしていたらスペースなくなったという。