無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

11.





私はいつの間にか寝てしまっていた。











??)あなたーーー!起きてよぉーー!
キム・〇〇
キム・〇〇
ん、…………




??)起きてーーー!!





??)起きないと………無理やり番にするよ?
キム・〇〇
キム・〇〇
それはいやだ( ・-・)
キムテヒョン
キムテヒョン
あっ、起きた!!
パクジミン
パクジミン
あなた、めっちゃぐっすり寝てたねニコ
キム・〇〇
キム・〇〇
う、うん………
キムテヒョン
キムテヒョン
で、ユンギヒョンのやつどーだった??
キム・〇〇
キム・〇〇
…………………
パクジミン
パクジミン
気持ちよかったでしょー?
ま、俺の方が気持ちよくさせれるけどねぇー
キムテヒョン
キムテヒョン
まぁ、とりあえず自分がオメガだってよくわかったでしょ?
キム・〇〇
キム・〇〇
う、うん………………
パクジミン
パクジミン
俺たちからも匂いがするだろ?
キム・〇〇
キム・〇〇
う、うんっ………微かにだけど…
キム・〇〇
キム・〇〇
(ユンギさんとは違う匂いだ。)
キムテヒョン
キムテヒョン
微かに?
パクジミン
パクジミン
くっきり匂わない?
キム・〇〇
キム・〇〇
う、うん………
キムテヒョン
キムテヒョン
あぁ…………やられたね……
パクジミン
パクジミン
だなぁ……
キム・〇〇
キム・〇〇
??




するとテヒョンが大声で




"ユンギヒョンーーー!"と叫んだ。


すると………







"モゾモゾ……………"
キム・〇〇
キム・〇〇
!?
キム・〇〇
キム・〇〇
(なんか、隣がモゾモゾしてる…………)





布団をめくると…………
キム・〇〇
キム・〇〇
ゆ、ユンギさん!?
ミンユンギ
ミンユンギ
って………なんだよ………
ミンユンギ
ミンユンギ
うるせぇぞ……
キムテヒョン
キムテヒョン
ちょ、ヒョン!
ミンユンギ
ミンユンギ
あ?
パクジミン
パクジミン
あなたに抑制剤飲ましたでしょ!!
キム・〇〇
キム・〇〇
…………??
ミンユンギ
ミンユンギ
そりゃ、なニヤッ
パクジミン
パクジミン
もぉ!勝手にあなたをユンギヒョンのものにしちゃダメですよ!!
ミンユンギ
ミンユンギ
別にいいじゃねーかよ
キムテヒョン
キムテヒョン
ダメです!!





"ガチャッ"
チョンジョングク
チョンジョングク
そうですよーーー、ヒョンー
キム・〇〇
キム・〇〇
!?
キムソクジン
キムソクジン
独り占めはよくないなぁ……
キムナムジュン
キムナムジュン
俺もあなたのフェロモン嗅ぎたいしなぁー
チョンホソク
チョンホソク
俺も!俺も!
キムソクジン
キムソクジン
だ、か、ら、抑制剤飲ますの禁止な?
防弾少年団
はぁいーーー
キム・〇〇
キム・〇〇
あ、あの………抑制剤って?





作者登場!🌠


説明しよう………


抑制剤とは…………
オメガが周りのアルファのフェロモンで刺激されないようにするための薬でもあり、自分自身のフェロモンを大量に噴出しないようにするための薬である!



キム・〇〇
キム・〇〇
へぇ……………
パクジミン
パクジミン
わかったー??
キム・〇〇
キム・〇〇
はいっ! それなら、私飲みたいです!
防弾少年団
えっ!!?
キムテヒョン
キムテヒョン
だめだめ!!
チョンジョングク
チョンジョングク
飲んだらねぇーニヤッ
キムナムジュン
キムナムジュン
面白くないじゃん?
キム・〇〇
キム・〇〇
いや………面白さ求めてないんだけど………
キムソクジン
キムソクジン
とりあえず、抑制剤禁止だからね?
キム・〇〇
キム・〇〇
うっ…………(涙)









これから大変そうなあなたちゃんでした。






NEXT







この話、最終回は7個作ろうと思っています!
メンバー全員分作ります!


なので、お楽しみに!♥️




それでは、アニョン!