無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

24.






"妊娠した………?"








キム・〇〇
キム・〇〇
って……そんなこと、ない、よね………
キム・〇〇
キム・〇〇
でも…………ほんとに妊娠してたらどうしよッ……









ヨナに相談してみようか……………








ある日………………





学校も休みでヨナを呼び出しカフェで待っていた。













すると……
キム・ヨナ
キム・ヨナ
あなたーーー!!!
キム・ヨナ
キム・ヨナ
ごめん!遅れちゃってㅋㅋ💦
キム・〇〇
キム・〇〇
いいよいいよ😄
キム・ヨナ
キム・ヨナ
で、どしたの?
キム・〇〇
キム・〇〇
えっ…?
キム・ヨナ
キム・ヨナ
あなたが私のこと呼び出すってなかなかないからさ、何かあったのかなぁって思ってね









さすが…………双子……………
キム・〇〇
キム・〇〇
実は___________













私はヨナにすべて話した。









あの人達にヤられたことも………








生理がこないことも…………








吐き気とめまいがすることも………










するとヨナは急に立ち上がり…………
キム・ヨナ
キム・ヨナ
あなた!
キム・ヨナ
キム・ヨナ
病院いこッ!
キム・〇〇
キム・〇〇
えっ?
キム・ヨナ
キム・ヨナ
不安なら検査してもらおうよ
キム・ヨナ
キム・ヨナ
それで何もなかったら安心できるでしょ?
キム・〇〇
キム・〇〇
う、ん………、 そうね……

















私は重い足を引きずりながら病院へと向かった。














NEXT