無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3話
ジン
ジン
あー、朝からもう大変だ

大学行かなきゃー
その頃あなたとメンバーは
ジミン
ジミン
あなたー!
グク
グク
あなた
テテ
テテ
あなた
ホソク
ホソク
あなた
너
え、
女子たち
て、て、てひょんさーーーん!
テテ
テテ
にひひひ
ジミン
ジミン
ほんっと女h........
ホソク
ホソク
やめなさい
너
で、なんできたの?もうそろチャイムなるの?
みんな
みんな
えっとー、あなたを見に来た
女子たち
え、なに?どーゆ関係?
너
はーい、帰ってー
ジミン
ジミン
あなた!おねがい!
너
やーだ!みんなのせいですごい見られてる
とばします
女子たち
ねぇ?あなたあんたさ
テテ
テテ
あなたーー
너
テヒョン?
テテ
テテ
あっ、話し中だった?
너
う、うん
テテ
テテ
なーんだ!!じゃ!!
ジミン
ジミン
てひょーん!
テテ
テテ
あ、いまいく!
너
で?なんの用??
女子たち
なに、テヒョンさん達と軽々話してんの?
너
は?
女子たち
は?じゃねぇよ
너
何?嫉妬?
女子たち
なんでお前みたいなブスがあの人たちにニコニコされてんの?
너
しらねぇーよ?
そう、あなたちゃんは学年一のヤンキーです
それは、おっぱ達も誰も知らない
女子たち
ちやほやされて調子乗ってんだろ?
너
何言ってんの?
너
頭冷やしてきな?
女子たち
おいまてよ?
女子たち
何逃げようとしてんの?
너
ウチと関わらない方が身のためだよ?
女子たち
なに?なんて言った?ちょっと聞こえなかった
너
あぁ、めんどくせぇーな!
女子たち
あぁ??
女子たち
ちょーしこいてんじゃねぇ.........。
너
【蹴っ飛ばす⠀】
女子たち
うぅ。
너
だから言ったじゃん?関わるなって
女子たち
いじめられたいの?
너
それはお前だろ?
너
相手になんないからかえるわ