無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

赤い髪の男の子
あなたside

??私?だよね?
あなた

あのー…私、ですか?

??
うん!そう!
あなた

お知り合いでしたか?

??
2ヶ月前に俺が公園でカツアゲされた時、その、助けてくれましたよね?
2ヶ月前…そんなのいちいち覚えてるわけがなかった


人を助けるなんていつものことだったからだ
あなた

ごめん。覚えてないです。

??
そっか…
その赤い髪の男の子は少し残念そうにいった




が、すぐに
??
あの、俺天堂光輝って言います!俺と友達になってください
あなた

あっ、うん。もちろん

??
おい、光輝誰と話してんの?
??
え?何々?知り合いなのそのこと
天堂光輝
天堂光輝
今友達になった。えっと…
ん?という顔をしていると 
そういえば名前を言ってなかったことに気がついた
あなた

あっ、霧島あなたです

??
俺、日浦海司!よろしくねあなた
??
俺は、小田島陸!陸って呼んで!
日浦と名乗る人は明るく笑顔が素敵な人だなと思った
陸は、どこかであったことある気がした
あなた

あの、陸、何処かであったことない?

小田島陸
小田島陸
えっ…どうだろ。
あなた

ごめん。私の気のせいかも

3人と友達になったところでチャイムがなり先生が来た

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

北人&壱馬ℓσνє
北人&壱馬ℓσνє
何かあればTwitterまで Twitter→@RMPGkazuma_0107 もしよろしければフォローもしてくれると嬉しいです。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る