無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

聖ブリリアント学園
尊人side



俺は昨日の制服を頼りに昨日の女が聖ブリリアント学園に通って人だってわかった。
だから今日その女に会いに来た。
だけど、手がかりが少なすぎて会える気がしなかった。
あなたside

今日は果音と一緒に行く約束をしていた。
果音に家を聞き家まで来たが、果音の家の前に誰かがいた
成瀬果音
成瀬果音
あの、何の用ですか?
??
成瀬さん。あなたを迎えに来ました。通りかかったもので。
成瀬果音
成瀬果音
結構です。あなたいこ。
あなた

あっ、うん!

??
おい、奏が送るっていってるんだ乗れ
なんだこのいかにも真面目って感じの人は
朱雀奏
朱雀奏
僕だって送りたくて送ってるんじゃないんだから。
お父様に言われて仕方なく、
??
おい、そこのお前も乗れ早く行かないと遅刻するぞ
そう言われて時計を見ると後10分しかなかった。



私と果音は仕方なく乗ることにした。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

北人&壱馬ℓσνє
北人&壱馬ℓσνє
何かあればTwitterまで Twitter→@RMPGkazuma_0107 もしよろしければフォローもしてくれると嬉しいです。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る