無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第29話

伝説の王子集結part3
あなたside


沈黙を破ったのは理事長だった
理事長
今日ここにいるみなさんは伝説の王子の候補者です。
そして、そこにおられる霧島さんはその実行委員長です。
嵯峨沢ハル
嵯峨沢ハル
はいはーい。理事長俺質問。なんであなたが実行委員長なの?
理事長
嵯峨沢くんいい質問ですね。
霧島さんには特待生だから、という過程でお伝えしていましたが
実は他に理由があります。それは…
そう、言いかけた時
朱雀奏
朱雀奏
すみません。遅くなりました。
霧島さんが実行委員長をやると聞いて僕もその伝説の王子になるために来ました。
??
朱雀奏が参加するなら私も参加させてもらいます。
理事長
少し、遅いですが、どうぞ。
朱雀くんと綾小路くんも候補者の1人ということでよろしいですか?
霧島 翔太郎さん。
えっ、お父様!?




霧島翔太郎とは私のお父様の名前だ。






私はどういうことなのか理解ができなかった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

北人&壱馬ℓσνє
北人&壱馬ℓσνє
何かあればTwitterまで Twitter→@RMPGkazuma_0107 もしよろしければフォローもしてくれると嬉しいです。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る